トイレの水漏れのパターンと対処法

トイレの水漏れのパターンと対処法 普段皆さんが何度も使っているトイレがある日故障した、水漏れを起こしたなどで使えなくなることを想像したことはありますか。経験のない人は他人事のように思ってしまうかもしれません。しかし、決して他人事ではないのです。トイレの水漏れといっても、トラブルはいくつかパターンがあります。また、便器そのものに問題がある場合や便器の使用年数が長い場合は、トイレの交換を勧められることもあります。


■水を洗したら止まらなくなった

用を足したら水を流します。普通であれば、一定の時間、水が洗されると自動的に止まります。しかし何らかのトラブルが起きると、ずっと水が流れ続けてしまうことがあります。このような問題が起きる原因ですが、フロートバルブが劣化している、もしくはチェーンが切れている可能性が疑われます。フロートバルブとはタンクの中に設置されている黒いゴム栓です。これが水栓をコントロールしているのですが、ゴム栓のためどうしても経年劣化を引き起こします。すると水をせき止められなくなって、ちょろちょろと水漏れが起こります。大体数年も経過すると、劣化が進むといわれています。またチェーンはフロートバルブとレバーをつないでいます。この鎖が切れてしまうとフロートバルブの操作ができなくなります。

■床が濡れている
床が濡れていることで水漏れに気づくパターンもあります。この場合いろいろな原因が考えられます。簡単なトラブルの場合、タンクなどで結露が発生しているケースです。この場合、この結露がぽたぽた床に垂れることで濡れてしまうわけです。こちらは別に何か不具合が起きているわけではないので、こまめに濡れている部分をふき取ることで対処します。
しかし、便器と床の接地面で水が漏れているケースは注意が必要です。これは便器がひび割れを起こしている可能性も否定できません。もしひびが入っているようであれば、そのまま使い続けるのは危険です。修理などで対処しても問題の抜本的な解決にはならないでしょう。トイレの交換を業者から進められる可能性もあります。結構な金額が必要になってくるでしょうから、年式の古いもので安く上げる方法もあります。また近年便器の機能も進化しています。一度に流す水量を少なくすることで、節水対策を進めている機種もあります。このような高機能のものと交換すると初期費用は確かに掛かりますが、ランニングコストが安くなるので、長期的に見ればコストパフォーマンスに優れているといえます。

■便器とタンクの間で漏れがある

便器とタンクの間で水漏れが発生しているというパターンも考えられます。この場合には密接パッキンのトラブルかもしれません。タンクと便器の間をつないでいるパーツの中にこのパッキンがあります。もしこの部分が劣化を起こしている、何らかの衝撃などで損傷を起こしている場合、そこから水が漏れ出ることもあり得ます。パッキンはゴム製ですから、どうしても時間の経過とともに劣化して、ひび割れが起こりやすくなります。この場合新しいものと交換すれば、問題を改善できるでしょう。ボルトで接続している場合もあります。このようなつくりでも長年少しずつナットが緩んでしまって、漏れを引き起こすことは十分考えられます。ボルトを締め直せば、症状がなくなる可能性は高いです。

■まとめ
トイレで水漏れといっても、このようにいろいろな箇所でトラブルが発生する可能性があります。まずはどこで問題が発生しているか特定しましょう。そのうえで水道業者に連絡することです。こうすれば、作業員に問題の発生している個所を正確に伝えられ、スムーズに作業ができるからです。もしわからない場合にはそのまま連絡しても構いません。24時間365日受付を対応している修理業者もあるので、トラブルに気が付いたら速やかに連絡しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース