トイレの交換は水漏れ対策で必要?

それほど頻繁に起こることではないですが、時としてトイレで水漏れなどのトラブルが起きることもあります。早く修理してほしいけれども、トイレの交換など大がかなりな作業が必要になるのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。トイレの交換は必要かどうかについて考えてみましょう。

■トイレに寿命はあるのか

便器については、耐用年数は100年以上といわれています。先祖代々受け継いだ家ならいざ知らず、普通に使っている分にはヒビでも入らない限り、トイレの交換は必要ないでしょう。しかしそのほかにもいくつか部品があります。例えばタンクの中の一部パーツには10年程度で寿命の来るものもあります。また給水管に使われているパッキンなどは20年程度とされています。


■省エネなど進化した種類も

便器は100年程度大丈夫ですから、トイレの交換をする必要はさほど高くないです。しかし例えば水漏れが起きたことなどをきっかけにして、リフォームを検討してみてもいいでしょう。近年ではより進化した機種も出ています。例えば水洗する際に、1回に使う水量が一昔前と比較すると10リットル近く少ないものもあります。そうすれば、水道料金の大幅な節約効果が期待できます。



■まとめ
トイレの水漏れなどをきっかけにして、トイレのリフォームを行う人も多いです。便座の機能は昔と比較して、技術的にどんどん進化しています。新しいものと交換することで、今まで以上に用を足したり掃除したりするのが楽になるかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ