トイレの水漏れにはいろいろなパターンが

1日に何度も利用しているトイレ、それが故障して使えなくなることを普段なかなか想像していない人も多いでしょう。もしトイレ 水漏れなどで使用不可になると、非常に不便です。トイレ 水漏れにはいろいろな原因があります。いざという時に慌てないためにも基礎知識を理解しておきましょう。

■接続部分の劣化の可能性

トイレの水漏れの場合、給水管もしくは止水栓のところが濡れているケースもあるでしょう。壁の止水栓から給水管が伸びていて、トイレタンクにつながっています。その間にはパッキンやナットが接続目的で使用されています。パッキンの場合、長年使っていると劣化します。またナットの場合、徐々に緩みが生じます。その結果、そこに隙間ができて水漏れを引き起こすことが考えられます。


■床も確認しよう

ある日トイレに入ったときに、床が濡れていることに気づき、それが水漏れの発覚のきっかけになったというパターンもあります。この場合、便器の設置がしっかりと行われていないかもしれません。床の水漏れの場合、そもそもどこから漏れ出しているのかがわからないケースもあり、その部分の特定が何よりも優先されます。



■まとめ
トイレ 水漏れが起きているのであれば、まずはその問題発生個所を見つけることです。自分で修理するのは難しいですし、早く解決したいでしょうから、水道の専門業者に作業を依頼するのがおすすめです。すぐに現場に急行してくれる水漏れ業者を前もって確認しておくと便利です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ