トイレの水漏れとウォシュレット

近年では一般家庭にウォシュレットを設置することも珍しくありません。内閣府の調査によると、2015年には実に77.5パーセントという世帯普及率を記録しています。利用者が多くなるとおのずとトラブルも増加します。ウォシュレット 水漏れの事例も報告されています。

■リモコンの電池の確認

ウォシュレット 水漏れの中でもノズルから水が止まらなくなったというケースも少なくありません。チェックしてみたところ、ただ単にリモコンの電池が切れていたということもあり得ます。リモコンが動かないと水は出っ放しになります。トイレの壁に設置されているなど、便器から離れた場所だと電池が動力源となっています。反応が悪くなったら電池の残量が少なくなっている可能性が高いので注意しましょう。

■ノズルの弁は問題ないか

電池を交換してリモコンを動かしても反応しないケース、またコンセントが動力源の場合、ノズルの中にある弁が壊れている可能性が高いです。水の行き来をコントロールする役割があり、ここがうまくいっていないのは電気系統のトラブルかもしれません。このような問題になってしまうと、素人では手が出せないレベルになります。トイレなど水道関係の修理を請け負っている業者にお願いいましょう。


■まとめ
ウォシュレットはボタンを押せばきれいに洗ってくれます。またトイレットペーパーを大量に使用することもなくなり、経済的でもあります。便利で普段何気なく使っているかもしれませんが、故障することも考えられます。その場合には専門業者の依頼も検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ